子どもの想像力と記憶力が育つ絵本

 

こんにちは!

読み聞かせを取り入れている方からよく聞くのが

どんな絵本を選んだらいいか分からない…

という声。

 

そうですよね。

1年間の新刊だけでも、児童書約4800冊.絵本約2300冊と言われています。
その中から、お子さんにピッタリの1冊を探すのは至難の技。

そこで今日は
お子さんを想像力豊かに育てたいママにオススメの1冊をご紹介したいと思います。

 

タンタンのぼうし

 

「タンタンのぼうし」は、 とってもとっても愉快な帽子で、
・くるくる回ったり
・バッタを捕まえられたり
・栗を取ったり…
いろんな事が出来ます。

 

『◯◯すると…。ほーらね!!』

の繰り返しで進む絵本です。

 

 

子どもは繰り返しが大好き

大人は繰り返しが苦手ですが、子どもは繰り返しが大好きです。

繰り返しの多い絵本では

・同じ文章を繰り返し読んでもらうこと で、母国語として吸収します
・リズムやゴロの良い文が多いので、上の年齢の子が覚えて暗唱するのにも最適です
・短い言葉の繰り返しなので、赤ちゃんの頃から読み聞かせが出来ます
・同じ繰り返しの中で、心が安定します

という、嬉しい効果が。

また「タンタンのぼうし」では、

繰り返しと共に、

次々にいろんな物が帽子の中から出て来るので、
「次は何かな?」
というワクワク感が想像力を豊かにします。

 

この絵本で「ワーキングメモリー」(作業記憶)を鍛えます

ワーキングメモリーというのは「一時的に覚えておく能力」の事を言います。

一時的なので、その行動や現象が終わったらすぐに記憶から消えていきます。

このワーキングメモリーを鍛えると脳の前頭野を刺激して、発達を促す事ができるんです。

「タンタンのぼうし」を読んだ後に、お子さんの帽子で何かを隠して、
「いないいない」「ばあ!」
を繰り返すと、その経験が「短期記憶」に蓄積されます。

「いないいない」で消えても、

「ばあ」で現れることを「予測」し、

さらに親が現れることを「期待」するようになります。

この
●短期記憶する力
●予測する力
●期待する力

の3つが神経回路の刺激に大いに役立ち、ワーキングメモリを鍛えます。

ちなみに、大人が2~3個の物を記憶して近所に買い物に言って忘れてしまう。

という現象はワーキングメモリーが衰えているんですよ。

 

心に響く読み聞かせポイント

 

1.膝に乗せるなどして、なるべく親と同じ目線で

2.絵本の表表紙から、絵が手で隠れないようにめくる

3.ゆったりとした口調で読んであげる

4.最後の裏表紙まで見せてあげる(裏表紙までストーリーになっているものもある)

 

 

17506083_1011508258983983_1515674305_n

 

子ども達にとって、ママのお膝は安全基地。
そこで読んでもらったワクワクする絵本は、ママとの秘密の共有。

満たされた時間になります。

そんなワクワクから、想像・創造する力が入って育っていきます。

 

16443689_648847018648692_913635823_n

 

 

126.125.122.72-4

 

 



妊娠・出産しても働ける!ママを笑顔にする仕事

ママとベビーのヨガ講師養成

↓子育て経験を活かして、地域でママヨガ講師デビュー♪↓
産後ヨガ ベビーマッサージ



↓産後の骨盤・ゆがみ調整を一人一人に合わせて指導できる資格↓

産後骨盤リセットヨガ



↓日本初!各メーカーの抱っこ紐のつけ方を理学療法士が直伝↓

美ラク抱っこスペシャリスト講座



↓我流抱っこはもう卒業!正しく抱っこ紐を付けてスタイルアップ↓

美ラク抱っこアドバイザー講座


養成講座の開催資格が取得できる

協会認定トレーナー養成
あなたの街でママヨガ講師養成講座を開講して笑顔の輪を広げませんか?
フィットネスやヨガ経験が収入につながる!


美ラク抱っこメソッド 3日間 無料動画講座スタート!

【無料動画講座】脱!自己流☆正しい抱っこ紐の使い方とは?

abunai2

まだ誰も知らない“美ラク抱っこ”のメソッドを、特別にあなたに無料動画講座でお教えします!

先着50名限定の方に 抱っこの教科書プレゼント中!

http://jmya.jp/biraku/

 

最新動画をチェックするには?


いつでもどこでもママヨガTVを楽しんでみませんか?
ママヨガTVをチャンネル登録は↓をクリック


人気の投稿とページ